2017年度 8月第一例会 『グリーンスクール2017(で愛!ふれ愛!!ローカルキャンプ。』

2017年度8月第一例会「グリーンスクール2017(で愛!ふれ愛!!ローカルキャンプ。)」しました。

8月第一例会「グリーンスクール2017(で愛!ふれ愛!!ローカルキャンプ。)」を開催しました。

 近年青少年が抱える問題は、いじめ、貧困、遊ぶ空間の「外」から「内」へのシフト、コミュニケーション能力、人間関係力の低下など多岐にわたります。
それは、人との繋がりが薄く、相談できる相手が少ない〝ふれ愛”の不足が原因の一つではないでしょうか。そんな子どもたちは、将来への夢や希望を描く事が出来ず、心を閉ざしているのだと思います。ひとづくり委員会では、地域の大人や子ども同士の交流を通じ、互いの長所・短所を受け入れ、自身と他者を思いやる心を育む事が「夢と希望にあふれる南アルプス市」に近づくと考えます。まずは地域の大人と子どもが繋る事業を開催し、子ども達が信頼できる大人を増やし、大人たちも地域の子どもに目を向け意識変える事が、様々な問題解決の糸口となると思い本事業の計画に至りました。

事業内容

一般社団法人南アルプス青年会議所、毎年恒例のグリーンスクール。本年は、12歳~18歳まで子供たちに参加していただき、家庭や学校では出会う事ができない地域の大人と子ども、子ども同士がふれ愛、繋がる機会としました。また、地域の子ども達にキャンプを通じて本市の魅力である自然を感じてもらう一助となりました。

・BBQ&キャンプファイヤー・ビストロJC・ブランコ・ハンモック・水風船対決・花火・野天風呂(ドラム缶風呂)・大縄跳び・ランプ作りなどを子供たちが自主性をもって実施しました。

 

 

近年青少年が抱える問題は、いじめ、貧困、遊ぶ空間の「外」から「内」へのシフト、コミュニケーション能力、人間関係力の低下など多岐にわたります。
それは、人との繋がりが薄く、相談できる相手が少ない〝ふれ愛”の不足が原因の一つではないでしょうか。
そんな子どもたちは、将来への夢や希望を描く事が出来ず、心を閉ざしているのだと思います。
ひとづくり委員会では、地域の大人や子ども同士の交流を通じ、互いの長所・短所を受け入れ、自身と他者を思いやる心を育む事が「夢と希望にあふれる南アルプス市」に近づくと考えます。まずは地域の大人と子どもが繋る事業を開催し、子ども達が信頼できる大人を増やし、大人たちも地域の子どもに目を向け意識変える事が、様々な問題解決の糸口となると思い本事業の計画に至りました。