まちづくり委員会通年事業『ユネスコエコパークに学ぶ!!〜自立的で持続可能な事業の推進にむけて〜』を開催しました。

一昨年のユネスコエコパークに登録を受けて、横浜国立大学環境情報研究院の環境学博士である若松伸彦氏を講師にお招きして「ユネスコエコパークトは何か。」「青年会議所として、また一市民としてどのように活かしていくことができるのか。」というお話を伺いました。

日本国内のみならず世界各国の事例を学び、「ユネスコエコパーク登録」というネームバリューに甘んじることなく、登録の継続と地域のブランディングのためには今後の運動展開を市民主体で考えていかなければならないということを学びました。